MENU

病院に行きづらい理由

「まさか自分がEDに?いや、そんなことは・・」
とひとりで悩んでいる男性は、
意外に多いんじゃないかと思います。

 

僕も男性ですから、よく分かります。

 

そもそもEDって性に関する病気ですし、
妻や恋人、パートナーにその悩みを
相談することができるなら、
かなり精神的にも楽なんですが、それが
出来たら苦労しないよ、という人も多いんじゃないかと思います。

 

病院へ行って、医師に相談して診断をしてもらうことをためらわせるのは、
おもに二つの気持ちからで、やはりイチ男性としては、正直
「恥ずかしい」という気持ちがありますし、もうひとつは
「本当にEDだったらどうしよう」という不安な、少し怖いという気持ちなのではないかな、と思います。

 

近い病院は、通いやすい場所だからこそ「行きづらい」

自宅から近い、あるいは職場の近所にある病院というのは、
何らかの病気の治療や診療のために通院するのに都合が良く、便利なのですが、
近いことによって、それだけ近所の人や会社の同僚など、
ばったりと知り合いに遭遇する機会は多くなるといえます。

 

EDであることを出来るだけ人に知られたくないという人は、少なくありませんから、
知人と出会うのがかかりつけの医院ならまだしも、泌尿器科の待合室だと気まずいですし、
ましてそれがED専門病院であれば、さらに通院していることを人に知られたくない、
と思っても仕方のないことだと思います。

 

こういった理由から、自宅や職場から近い病院は、
通いやすい場所だからこそ「恥ずかしい思いをしやすく、行きづらい」
という気持ちになりやすいのだと思います。

そもそもEDの診察は何科に行けばいいのかわからない

現在ではEDを専門とした病院がありますので、それこそネット検索をして
自分が通いやすい範囲内にそういった病院・クリニックがあれば
そこでEDの診察および治療を受けることができるんですが、

 

問題は、自分の自宅や職場の近くなど、
自分が通いやすい場所にED専門を標榜している病院がない場合です。

 

都市部であれば、何軒かの病院が存在することもありますが、
地方在住の場合、まだまだEDを専門とした病院・医療機関は見つかりにくいです。

 

こういった場合、通える範囲にある病院を受診する他ないのですが
その際、何科を受診すればいいのかという疑問が次に湧いてきます。

 

この場合は、普段からかかりつけの医院やクリニックがあるならばそこを受診、
もしくは通える範囲にある病院の内科や泌尿器科を受診すれば大丈夫です。
とりあえずかかりつけのお医者さんに相談できるなら、それに越したことはありませんし、
泌尿器科であれば、大抵の病院で診察項目として標榜されています。

EDの診察って下半身は診せるの?

病院でのEDの診療が、どのようなものなのかもやはり気になります。

 

病院へEDの診察に行きにくい気持ちにさせる要因として大きいのが、
「医師に下半身を晒して診察してもらわなければいけないんじゃないか?」
という不安です。

 

EDは男性器の勃起機能に関する問題ですから、医師へ相談するだけでも
恥ずかしいという気持ちが起こってきますし、まして下半身を見せないといけないとなれば、
さらに恥ずかしい気持ちは強くなってしまうのは、自然なことだと思います。

 

しかし、実際のED診察では、症状に関する問診が中心で、
男性器を晒したり、触診による診察はまずありません。

しかも、ED治療薬については診療科を問わずに処方してもらえるのですが、
実際にED治療に際して行動を起こすことが出来ないで、一人で不安を抱えて悩んでいる男性は少なくないと思います。

スマホやパソコンで医師の「遠隔診療」を受診するという選択肢

でも、まず覚えておいてほしいのは、
医師に診断してもらわないと、本当に今の症状がEDなのかどうかわからないということです。

 

一人で思い悩んだり、または医学的科学的根拠がない状態で、
思い込みの自己診断をして、ネットで薬を買ったりするのではなくて、

 

  • 勃起に時間がかかってしまう
  • 充分に勃起しない
  • 勃起しても途中で萎えてしまう

 

など、勃起の状態が充分でなくなったと感じているのであれば、
医師による遠隔診療の受診を試してみるのも1つの方法だと思います。

遠隔診療とは

遠隔医療の定義(平成18年7月16日 日本遠隔医療学会サマーキャンプにて制定)

 

遠隔医療(Telemedicine and Telecare)とは、通信技術を活用した健康増進、医療、介護に資する行為をいう。
資料
図説・日本の遠隔医療を開く [PDFファイル: 3.6MB]
http://jtta.umin.jp/pdf/telemedicine/telemedicine_in_japan_20131015-2_jp.pdf
図説・日本の遠隔医療[英語版]を開く [PDFファイル: 3.4MB]
http://jtta.umin.jp/pdf/telemedicine/telemedicine_in_japan_20131015-2_en.pdf

 

一般財団法人「日本遠隔医療学会」HP http://jtta.umin.jp/frame/j_01.html より引用。

 

この遠隔診療を行っている赤坂クラウドクリニックという病院があります。
自宅や職場の休憩時間にインターネットを介して、医師の診察が受けられる
厚生労働省認可の遠隔診療を提供している病院です。

もちろん、EDの診療、バイアグラ、レビトラ、シアリス等の治療薬の処方も行っています。

 

ネットでの診察ですから、病院に出向くことなく、
手持ちのスマホやパソコンを使って自宅のリビングでも受診することが出来ます

 

これなら、EDの診察に病院へ行く、ということに対する
恥ずかしさや不安、病院へ行きたくないという精神的なハードルを低くしてくれるだけでなく、
医師による診療が受けられることによって、自分の症状に合わせた治療薬の処方・発送もしてもらえます

 

しかも医師が薬の処方をしてくれるので安心安全です。
もし勃起不全の症状を抱えて一人で悩んでいるのであれば、一度相談してみるといいと思います。

赤坂クラウドクリニック

赤坂クラウドクリニックは
厚生労働省認可の遠隔診療に対応している病院
で、
2017年7月3日開院の新しい病院です。

診療科目
  • 総合診療科
  • 内科
  • 心療内科
  • 精神科
  • 美容外科
  • 美容皮膚科

があります

診療時間

月曜日から日曜日までの毎日、20:00〜22:00。
予約は24時間受付となっています。

基本診療料金(税抜き)
予約料
  • 初回予約料・・・1,500円
  • 再診予約料・・・500円

※来院の場合は無料

診察料
  • 自由診療診察料・・・無料※自費処方箋発行のみ希望の場合、処方箋費用2,000円
  • 保険診療・・・保健医療制度に準ずる
送料
  • レターパック510円※急ぎの場合実費負担にて宅配便着払い発送可
ED治療薬料金
  • バイアグラ25mg・・・1,300円
  • バイアグラ50mg・・・1,500円
  • シルデナフィル(テバ)25mg・・・450円
  • シルデナフィル(テバ)50mg・・・900円
  • シアリス5mg・・・1,500円
  • シアリス10mg・・・1,700円
  • シアリス20mg・・・2,000円
  • レビトラ5mg・・・1,300円
  • レビトラ10mg・・・1,500円
  • レビトラ20mg・・・2,000円

ED治療薬であるバイアグラ、シアリス、レビトラの処方はもちろんのこと、ジェネリック薬の処方にも対応しており、
診察時の問診によって、たとえば現在何らかの持病で服用中の薬の有無などを確認し、
ED治療薬との併用ができるかも含めて、医師から適切に処方してもらえます。
自宅にいながらにして、自身の症状や治療について医師と相談することが出来るので、
男性機能の悩みの解決のヒントになるんじゃないかなと思います。
くわしくは、以下赤坂クラウドクリニックの公式サイトでチェックできます。
 赤坂クラウドクリニック

病院で処方されたED治療薬以外を使用することのリスク

性的なことに関する病気だからと、ED治療を医師の診察を受けないで
インターネットで購入した海外製ED治療薬を服用する男性も多いようです。
でも、医師が処方した薬以外を飲むことには、非常に大きな危険性が潜んでいます。

ネットの並行輸入ED治療薬を自己判断で買う危険性

自分がEDかもしれない、と悩んでいるけれど、
病院へいって、医師の診察を受けるのが恥ずかしい、という男性が、つい考えてしまいがちなこと・・

 

もし、たとえばEDだったとして、出来ることなら誰にも知られないように、
並行輸入品のED治療薬をインターネット通販で購入すればいい、と考えている人もいるかもしれません。
あるいは、どうせ病院でもらう薬も保険適応外だから、ネットで買うほうがお金も安く付く・・そんな風に考えて、
すでに購入した経験がある人も、もしかしたら少なくないんじゃないかなと思います。

 

確かに今はネットで誰でも自宅にいながらにして、簡単に海外製の薬が買える時代になりましたが、
ネットの並行輸入ED治療薬は偽造薬品が多いというのは、事実だと思います。

ネットで入手したED治療薬の約4割が偽モノ

偽造ED治療薬への注意

国内でED治療薬を製造販売している大手、

  • ファイザー株式会社
  • バイエル薬品株式会社
  • 日本新薬株式会社
  • 日本イーライリリー株式会社

の4社合同で、偽造医薬品の注意喚起を目的に
インターネットで入手したED治療薬の実態鑑定調査を実施し、
その結果を公表しています。
http://www.no-fake-drug.com/contents.html

 

それによると、
インターネットで入手したED治療薬の約4割が偽造品だという結果が出ています。

 

専門家でも外観だけでは本物か偽物か判断できない

おそらくすでにネットで並行輸入品のED治療薬を購入している人にとってみれば、
ネットで買う海外製のED治療薬に、偽物が多いということは常識で、
「そんなことは言われなくても知っているよ」と、
今あえて問題視するようなことではない、と思っている人も多いと思います。

 

でも、偽物はパッケージや錠剤の外観などを、見た目で本物と見分けが付かないくらいに作ってあるため、
専門の業者でも、実物を目視しただけでは真贋を判断するのが難しいといわれていますし、
ましてネット上の情報では、本物であるかどうか判断することは非常に難しいのが現実です。
しかもこういった偽造薬品の多くは、錠剤への不純物混入があるなど品質管理がされておらず、
また不衛生な製造現場で作られているなど、安全面でもリスクが大きいとのこと。

深刻な健康被害も

・・・でも不思議なことに、すでにネットで海外製のED治療薬を購入した経験のある人は、
何故か自分の購入したものに関しては本物だと思い込んでいる人が多いんだそうです。
自分だけは大丈夫、と思いたい気持ちは分からなくもないですが、
こういった粗悪なニセED治療薬を服用し続けても、効果がないだけでなく、
実際に日本国内でもED治療薬の偽造品を服用した男性が意識障害を起こした例など、
深刻な健康被害が出てしまっている例もみられます。

病院で処方された薬以外は服用しないこと

このように病院で処方された薬以外を使用することにはとても大きなリスクがありますので、
もしかしたらEDかもしれないと思ったら、少しだけ勇気を出して医師の診察を受け、
処方薬以外は服用しないようにすることが大切です。
決して自己判断だけで、ネットの海外製ED治療薬を購入・服用するのはやめましょう。

目的はED治療薬を入手する事じゃない、EDを治癒すること

たしかにED専門医でも治療薬を用いた治療が多いです。
だからといって、何でもいいからED治療薬を飲めば必ず治るというものではありません。

 

医者に診て貰うのが恥ずかしいからと、自分で適当にネットで調べた情報で
真偽の不明な海外のED治療薬を購入して、人知れず服用することが目的でしょうか?
いいえ、決してそうではありません。

 

あなたが自分の症状を医師に相談し、診療を受け、
医師の監督下のもと、症状に即した正しい治療法でED症状を治癒し
心身ともに健康を取り戻していくことこそが、真の目的であるはずです。

 

そして出来ることなら、ED症状を繰り返さないよう、
食生活の改善、運動不足の解消、ストレスを溜めない生活の心がけ、
またED治療に際して、パートナーの協力を得るようにすることなど、
そして何よりも、予防の意味も含めて、
少しでも不安があればED専門医の診察を気軽に受けるようにすることが重要だと思います。

ED治療はパートナーとの協力が重要

EDが起こる原因の中で最も多いとされているのが生活習慣病から発症するものです。
次に、心理的ストレスからEDを引き起こしてしまうケースも多いといわれています。

 

妊娠を目的とした頻繁な性行為、あるいは性行為を度々断られるなど
パートナーとの性行為に対する心理的な温度差が原因になります。

 

日常生活の中での何気ないパートナーとの会話の中でも、
心理的なプレッシャーを男性が感じている場合も多く、
慢性的にストレス状態に置かれることによってEDを発症することも少なくありません。

 

男性にとって、EDは精神的なショックも大きく、
男性としての自信を喪失させるもので、非常に孤独な心理状態に陥りやすいです。

 

ですからパートナーのEDに対する理解とその治療に対する協力はとても重要になりますし、
パートナーに理解と協力を得られることで、男性はプレッシャーやストレスから開放され、
はじめてED治療に安心して取り組むことが出来ます。

 

もし彼氏や旦那さんがEDを発症した場合、パートナーが
EDに対する理解と、病院での診察・治療に協力する姿勢を示すことで、
ED症状の改善や予防に大きな足がかりとなりますし、
またパートナーにとって、彼氏や旦那さんとの接し方を見直す機会にもなります。

 

ED(勃起不全)は決して男性だけの問題ではなく、男性とパートナーの2人で対処する問題である、ということです。

まとめ

たしかにED治療は性に関する病気ですから、
多くの男性にとってはやはり恥ずかしさもあるために、
病院へ行くのを躊躇してしまうのは仕方のないことかもしれません。
でも、
間違っても、深刻な健康被害を引き起こす可能性が大きい
海外製ED治療薬のネット購入・服用を安易に行わないこと。

 

EDは男性であれば誰でも起こりえる病気の一つです。

 

EDの原因は、心理的要因や身体的要因など、
単一の原因ではなく、複合多岐にわたることが多いですから、
自分ひとりの思い込みで、適切な治療をするのはとても難しいです。

 

しかも、一人でくよくよと悩む状態が続けば続くほど、
ED症状を長引かせてしまうことにもなりかねません。

 

専門家である医師の診療を受け、適切なアドバイスのもとに
生活習慣に見直しや、症状に適したED治療薬の処方を受ければ、
効果的にED症状の改善にむけた毎日を送ることができると思います。

 

出来ればパートナーにも相談して、
一緒にED治療に取り組んでもらえれば尚いいですね。
是非、少しだけ勇気を出して、一日も早くお医者さんの診察を受けて、
心の悩みを少しでも軽くすることが、大事だと思います。